ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
近藤ようこ「美しの首」

またも見覚えのある作者名ですが、やはり作品を読んだ記憶はないのでした。
それでも巻頭の、表題作の扉絵を見て確信しました。
これは僕好みに違いない…何故だか説明できませんが、そんな気がしたのです。

喩えに挙げるなら、杉浦日向子の描いたミステリアスな時代ものに近いです。
ただし杉浦が江戸〜近世を得意としたのに対して、作者は室町〜鎌倉あたりまでの造詣に秀でているようです(まぁ本作だけで判断するのは早計ですが)。
時代の空気を写し込む、画面の隅まで気を配る細やかさが物語に引き込みます。

そして収録されている作品のほとんどに、オチらしい終わり方はありません。
いやまったくオチがない訳ではありません、エンターテイメント的ではなく文芸的なオチだと言いましょうか…。
これも特徴的な作風なのか、本書に限った趣向なのかは判別が付きませんけど。
予想外すぎる安壽と厨子王に光源氏、カブキ者や念仏野良聖の反魂など型通りでない語りも魅力です。

ちょっと意外でしたが、こちらもガロ出身だそうで。
こないだの安西水丸もそうでしたが、つげ義春とか失礼ながら(ガロ系=画力は二の次)といったイメージが強くあるものだから…。
しかし初投稿が'79年という事は後期に属するのかもしれませんね、杉浦日向子と同期だったりして?

収録作の初出年月が記載されていないのは残念、ともあれ他の作品も読んでみたい作家です。「遠くにありて」も読んでました!


関連記事:
【最近読んだマンガ】近藤ようこ「遠くにありて」| 2007.06.24
【最近読んだマンガ】近藤ようこ(漫画)、坂口安吾(原作)「夜長姫と耳男」| 2019.11.25
0
    | comic | 2009.09.01 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top