おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
モダン・ジャズ・カルテット「ラスト・コンサート(完全盤)」

MJQ、間違ってもビッグ・ネームに便乗するマンハッタン・ジャズ・クインテットなどという連中の略称ではありません。

ピアニストのジョン・ルイスをリーダーに、ミルト・ジャクソンのヴァイブラフォンを擁した4人編成。
本作は「朝日のようにさわやかに」を筆頭に数多くの名演を残した彼らの、'74年の3時間に及ぶ解散コンサートを収めた2枚組ライブ・アルバムであります。

土曜の夕刊見開きのFM番組表を隈無くチェックしていた頃、ナベサダの次に出会ったジャズがMJQで。
当時は“リユニオン”の意味が分からず、アナウンサーの解散云々という台詞を勘違いしておりましたが。
あれは本作から7年後の'81年に開催された、武道館での実況だったのしょう。
で、その後アルバムを買うでもなく、クールなスタンダード・ジャズを顧みることなく幾年月…。

今こうして再会を果たし、感慨深いものがあります。
うん、10代なりたての自分には早すぎたよなぁ〜?
そう思う一方で印象は変わっていないような、あるいは熱を帯びてるような…?
まぁ思い出補正かかりまくりって事でしょうかね!笑

前のめりなミルト・ジャクソンの、素早いバチ(マレット)さばきが目に浮かぶようです。
CDボートラに「アランフェス協奏曲」他1曲。
クールに熱い、名曲揃いの名盤にして入門盤ではないでしょうか?


関連記事:
【最近聴いたCD】MILES DAVIS, STAN GETZ「Rare Live」| 2012.11.14
【最近聴いたCD】JOHN LEWIS「IMPROVISED MEDITATION & EXCURSIONS」| 2017.04.26

〈アランフェス協奏曲〉関連記事:
【最近聴いたCD】ケニー・バレル&スタンリー・ギルバート・クァルテット「アランフェス」| 2007.10.05
【最近聴いたCD】川井憲次「イノセンス O.S.T.」| 2007.12.20
【最近聴いたCD】セルシェル(ギター)オルフェウス室内管弦楽団「ロドリーゴ:アランフェス協奏曲/他」| 2009.03.27
【最近聴いたCD】ジム・ホール「アランフェス協奏曲」| 2014.08.07


*以下の動画は携帯からは視聴いただけないと思います。

『MODERN JAZZ QUARTET』(曲目は「「Bags' Groove」」)
0
    | music | 2009.09.02 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top