ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みた夢 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
杉浦茂「猿飛佐助」

おぉ懐かしい!…って何歳なんだ僕は。
でも小さい頃、確かジグザグだかいうお菓子の包装やCMに使われてたんです。
なんといってもこのキャラですから、すんごい印象強かったんですよねぇ〜。
グワシ手の元祖、お茶目で訳分かんないポーズ。
後世に大きな影響を与えた、実にキテレツな妖怪…。

本書は'53年刊行の「猿飛佐助」と'56年の「続・猿飛佐助」から再録されていますが、初出年は不明。
猿飛と真田十勇士の活躍が途中まで描かれていますが、続巻の刊行予定はないみたいで…権利関係なのか原稿管理の問題なのか?
個人的には、もう少し新しい年代の作品の方が脂が乗ってる気がします。

どちらにせよ話の展開は、というか見せ方が古いのはご愛敬(なんといっても明治生まれの作者ですし)。
二段抜きも滅多にない、細かいコマ割りの中に詰め込まれた緩急ない感じで…。
まるでアイデアが湧き出して止まらないようですが、のべつまくなし喋りっ放しの講談みたいで疲れます。

解説をサエキけんぞう(元ハルメンズ、パール兄弟)が書いていて、これが本編に劣らず面白いです(はっぴいえんどから杉浦マンガを知ったとか)。
編集長が赤塚不二夫で付録のピクチャー・ソノシートには横尾忠則が描いて山下洋輔や井上陽水が吹き込んでいたという、'70年代の「漫画No.1」に掲載された「アップルジャム君」は是非とも読んでみたい!
ちなみに本書のカバーデザインは祖父江慎

杉浦茂ファンページ「杉浦茂の世界」
0
    | comic | 2009.09.04 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top