おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
リービ英雄「ヘンリーたけしレウィツキーの夏の紀行」

母国語以外で書く作家は、作者の他には多和田葉子しか知らない。
といっても、どちらもエッセイ一冊しか読んでいないので何とも言えないが。

本書は、作者を思わせる背景を持った男が中国を訪ねる2編の小説である。
明確な動機というよりも淡い、思い出の中にある失われた風景を捜すような。
台湾に生まれ、母親と香港に渡り、アメリカで学び、日本で暮した感傷の旅。
日本統治が終わり大陸の国民党員が支配した島、その幼き日と父への追想。
北京の郊外、河南の古都をさまよう彼の現在と過去が交錯しながら時は流れる。

ところで作家は、表現の技術や歴史から作法を学ぶ。
まず己の中で昇華した作法を新たに生み出し、次に忘れていく過程の中で作品が育まれるように思う。
芸術であれ伝統芸能であれ、作為を捨てていく事が作家の芸を生むとして。
それは人の心の有り様と似ているのかもしれない、そう思わせる本書であった。

大陸の言い方には現在形も過去形もない、という。
「何を見ても何かを思い出す」とはヘミングウェイの随筆名だが、自分を位置づけようとする意識の働きは年を重ねるほど自然に強まると思う。
身に付けた型を考察し解消してゆく、その過程をヘンリーの中に感じるのだ。
エンタメ小説の読後感を期待してはいけない、ただ人は生きる事自体が生きる理由であると腑に落ちる。


関連あるかもしれない記事:
【最近みたビデオ】「ロスト・イン・トランスレーション」| 2007.09.03
【最近読んだ本】マイク・モラスキー「その言葉、異議あり! 笑える日米文化批評集」| 2008.02.23
【最近読んだ本】鷲尾和彦「極東ホテル」| 2010.11.28
【最近読んだ本】柴田れいこ「Sakura 日本人と結婚した外国人女性たち」| 2011.01.04
【最近読んだ本】ロバート・ホワイティング「東京アンダーワールド」| 2011.07.26
【最近読んだ本】Beretta P-07「東京外国人」| 2012.09.08
【最近読んだマンガ】蛇蔵&海野凪子「日本人の知らない日本語」| 2013.04.20
【最近読んだマンガ】「まんが クラスメイトは外国人 入門編 ――はじめて学ぶ多文化共生――」| 2015.09.15
【最近読んだマンガ】宮本福助「となりの外国人」1巻| 2016.03.10
0
    | books | 2009.09.09 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top