ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
村上龍(文)、はまのゆか(絵)、Ralph McCarthy(訳)「ポストマン MONOLOGUE OF THE DEAD LETTERS POSTMAN」

NHK出版から2003年に出た、小さな絵本です。
子どもが読むには難解な言葉が使われていますが、だからといって大人に限定されるのは惜しい内容です。
解らないなりに想像を働かせ、成長の間で読み返される絵本としても魅力的。

この男は何者なのか、手渡される手紙とは何なのか…そこには大人が空想する余地があります。
1章では人の歴史と託す思い、2章では空と海と大地の初めから織り込まれてきたシグナルとして…。

村上はまのコンビで発表されてきた作品は、これまでにも枠にはまらないものでしたが、その中でも本書はとりわけ文と絵の調和が素晴らしいと思います。
何を描くか、どこを描かなかったのかを、これから文に絵をつける画家の気持ちになって見てしまいます。

村上龍のあとがきによると、元々は坂本龍一が製作していたオペラのために、2年の歳月の中で交わされたメールを経て書き上げられたテキストだったそうで。
それにはまのが絵をつけたいと提案して本書が出来た、という次第のようです。


〈村上龍〉関連記事:
【最近読んだ本】リチャード・バック「イリュージョン」| 2008.09.17
【最近読んだ本】ベン・シモンズ「東京欲望」| 2011.05.07
【最近みたDVD】村上龍「CUBA〜音楽の勝利」| 2013.01.02
【最近読んだ本】村上龍「空港にて」| 2014.01.01
【最近読んだ本】村上龍「空港にて」(再読)| 2017.11.21
0
    | books | 2009.09.15 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top