ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
トッド・ラングレン「ラント:ザ・バラッド・オブ」

僕が知ってるベスト盤と曲が被っていないアルバムを探していて、このジャケ写が目に留まりました。
ロープで首をくくってピアノを弾いてる後ろ姿、なんともシニカルです。

タイトルからするとバラッド集ですが、それほどスローでも湿っぽくもないです(もしも全曲「Can we still be friend」みたいだったらどうしょうかと思いましたが…笑)。
そこら辺も彼らしいユーモアなのか、あるいは歌詞が本来の意味でのバラッドなのかは分かりません(歌詞カードがなかったので)。

皮肉屋だとか変わり者だとか聞きますが、本当は生真面目で照れ屋なんじゃないかと思ったりします。
彼の歌には繊細さと優しさを感じるのですね。

まぁ無粋な喩えですが、同じピアノ弾きシンガー・ソングライターで言えば…。
ビリー・ジョエルは情熱的でキャロル・キングが穏やかさだとすれば、彼の音楽は理性的といえるかもしれません。
といってもR&B少なめで体感温度が低めなだけなんですが、喜びも悲しみも気持ちに走り過ぎない印象があるのです。

耳に残る当たり曲はないですがハズレもない、ロックな1曲がアクセントになっていてトータルとして耳に馴染むアルバムですね。
とにかくメロディ・センスに優れた人だと思います。


関連記事:
【最近聴いたCD】トッド・ラングレン「ミンク・ホロウの世捨て人」| 2014.11.20
0
    | music | 2009.09.17 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top