ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
キャノンボール・アダレイ・ウィズ・ビル・エヴァンス「ノウ・ホワット・アイ・ミーン+2」

こうして気の向くままランダムに聴いたり読んだりしているのに、思いがけないところでブリッジングしていたり共通項があったりする事が、結構あるものだ。
まぁジャズにおいては珍しくもないか、参加しているリズム隊は先日聴いたMJQのリズム隊2人である。
'61年、ニューヨーク録音の名門リヴァーサイド盤。
名門といっても実は先日のセロニアス・モンクまではレーベル名しか知らなかったし、オリン・キープニュースというプロデューサーも知らなかった。

ジュリアン“キャノンボール”アダレイはサックス奏者、ビル・エヴァンスはピアニストである(ギル・エヴァンスとの区別が未だについてない)。
どちらも聴くのは初めてで、解説によれば本来は(ファンキーなサックスとリリカルなピアノ)という相反する組み合わせらしい。
プレイ・スタイルに反映されるように対照的な性格だが馬が合ったそうで、そういえばジャケはどこかの名盤紹介で見覚えがあった。
素人耳には分からない、単に聴きやすいとは思うが。

それとファンキーさは感じられず、MJQからの起用といいビル側に軸を合わせて作られた気がする。
曲目もビル寄りでキャノンボール作曲は皆無、ひょっとしたら彼のファンキーという看板を下ろすためのアルバムではなかったのか。ともあれ、おはようからおやすみまで対応する無難で柔軟なアルバムと言っても過言ではないだろう。


〈キャノンボール・アダレイ〉関連記事:
【最近聴いたCD】マイルス・デイビス「マイルス & コルトレーン」| 2012.11.11
【最近聴いたCD】クリフォード・ジョーダン・クインテット「スペルバウンド」| 2012.12.26

〈ビル・エヴァンス〉関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「クロスオーバー・イレブン」| 2008.05.09
【最近聴いたCD】JIM HALL「CONCIERTO」| 2014.08.07
【最近聴いたCD】OLIVER NELSON「THE BLUES AND THE ABSTRACT TRUTH」| 2015.06.21
【最近聴いたCD】STAN GETZ「BIG BAND BOSSA NOVA」| 2015.12.09
0
    | music | 2009.09.20 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top