ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
久保田千太郎(作)、久松文雄(画)「秦始皇帝」下巻

再読。
秦といえば中国史上唯一の全国統一した王権国家で、その治世わずか15年。
騎馬民族の匈土に対抗して狂気の労役で国を疲弊させたり、批判的な書物と人を弾圧したりもしましたが。
その反面でインフラを整備したり通貨や単位を統一するなど、その後の2千年に役立つ事業をなしたとも言われております。

邯鄲の都随一の美妓を囲う、利殖にまみれた豪商が老師に聞いた一炊の夢。
此奇貨可居、この書き置きで天下の大博打に賭けた…本書は、この呂不韋の見果てぬ夢の物語です。

始皇帝の父君は、秦王の20余名もいる後継者候補の中でも最低オッズの身の上でした。
そこに呂不韋は後ろ楯として身代ぶち込み、愛する女性まで捧げて大当たり!
自分はナンバー2の座に、愛妾は王の后に、そして世継ぎ(後の始皇帝)には自分の血が…って本当かあ?

しかし男女の機敏とはまことに厄介なものです、というかロマンの欠片もございませんなぁ。
この辺のドライさもエキゾチック、といいますか。

金と権力、飽くなき野望こそが男の本懐というね。
しかし呂不韋ワールドに絡み付く、不穏な運命。
下巻の半ばで清々しく毒を煽って舞台を去る、これもまた散り際か。

その後の始皇帝といい、肉食系男子は大変ですな。


〈中国〉関連記事:
【最近読んだ本】「道教の本―不老不死をめざす仙道呪術の世界」| 2007.12.02
【最近読んだマンガ】和泉かねよし「二の姫の物語」| 2009.06.25
【最近読んだマンガ】松本剛「北京的夏」| 2010.03.13
【最近みたDVD】「古代建築博物館」| 2010.05.15
【最近読んだ本】ケレン・スー「ふるさとのパンダ」| 2010.06.06
【最近読んだ本】莫邦富「中国全省を読む地図」| 2010.07.09
【最近読んだマンガ】加藤四季「お嬢様と私」3巻| 2010.07.10
【最近読んだ本】奥平卓+大村益夫(訳)「[中国の思想]老子・列子」| 2010.07.18
【最近みたDVD】「NHKスペシャル 文明の道」第5集「シルクロードの謎 隊商の民ソグド」| 2010.11.06
【最近読んだ本】奈良行博「中国の吉祥文化と道教」| 2011.08.15
【最近読んだ本】金庸「射(周鳥)英雄伝【第一巻】砂漠の覇者ジンギスカーン」| 2012.10.14
【最近読んだ本】舟崎克彦(文)、橋本淳子(絵)、小林敏也(構成)「大仙人」| 2012.12.31
【最近読んだ本】杉原たく哉「いま見ても新しい 古代中国の造形」| 2014.09.23
【最近読んだ本】田中俊明(監修)「この一冊で早わかり 日本・中国・朝鮮 東アジア三国史」| 2016.10.25
【最近みたDVD】「スキップ・トレース」| 2018.03.14
【最近読んだ本】宮城谷昌光「重耳 (上)」| 2019.05.10
【最近行ったところ】「中国写真紀行 −日本人が撮った100年前の風景−」展| 2018.10.29
0
    | comic | 2009.09.22 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top