ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
キャブ・キャロウェイ「アー・ユー・ヘップ・トゥ・ザ・ジャイヴ?」

日に褪せたようなジャケに、昔のカルピスみたいな笑顔の写真。
陽気な助平オヤジみたいな顔と、白づくめのスーツにつば広のフェドーラ帽。
ジャイヴな造語とスラングに、スキャットマン・ジョンも煽られる高速バブリング…'30〜40sの歓楽街を沸かせた希代のエンターテイナーにして、エリントンと肩を並べるジャズ楽団のバンド・マスター。

そんな彼の十八番「ミニー・ザ・ムーチャー」を初めて聴いたのは、レゲエ・フィルハーモニック・オーケストラによるカバーだった。
エキゾチックな曲に乗ってハイ=デ=ホー(いや丸大ハンバーグではなくて)。

いかにもブライアン・セッツァーがオーケストラで取り上げそうな、楽曲そのものは今も色褪せていない。
しかしながらモノラル録音のせいか音が古く、しかも個人的にはビッグバンド系ジャズの音が好みではないので期待したほどは楽しめたかった。
例えばグレン・ミラー楽団の「ムーンライト・セレナーデ」的なサウンドに抵抗感がなければ、何も問題なく楽しめる筈。


関連記事:
【最近みたDVD】「The Blues Brothers」| 2017.08.08


*以下の動画は携帯からでは見られないかもしれません、悪しからず・・・。

『Cab Calloway - Minnie the Moocher』(1940〜50年代でしょうか、レアな映像です。)


『REGGAE PHILHARMONIC ORCHESTRA - MINNIE THE MOOCHER.mov』(元スティール・パルスで後のソウルIIソウル組、ミカエル・ライリーによるレゲエ・フィル1988年のカバーPVです。)
0
    | music | 2009.09.23 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top