ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近みた夢 | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
大塚幸彦「うみのいえ」

やはりユーモアは大切、それを感じた写真集です。
海の生き物が住み着いたヘンテコな家、それは心ない人が捨てたゴミでした。
'08年、岩波書店。

不法投棄されたゴミを思うと悲しくなります、でもこの感覚は生まれながらにあるのでなく刷り込まれた感じ方なのだとも思います。
浜辺に打ち上げられたゴミを見て、釣り人を軽蔑し、サーファーに落胆し、海水浴客の無責任さに憤り…。
海に行くと、そんな楽しくない気持ちになりません?
でも、住人たちは大らかなのでした。

人は、この広大な宇宙から見てもちっぽけな存在で、目に入らないような微生物や細胞の働きからしても特に何てことない存在なのだろうなー。
(僕らが何とかしなければ!)なぁんて鼻息荒くしても、所詮は地球の末っ子だったんだよねっていう気持ちになるんです。
ブラック・ジャックというマンガの、体内に残されたメスがカルシウムで覆われて見つかるエピソードを思い出したりもしました。

もちろん捨てる人を肯定はしませんが(海水温度が高いと1年でプラスチックが有害物質に分解するとか)、この幼稚な存在にいつも地球は優しい。

足踏みミシンや椅子に房飾りみたいな卵塊、エレキ・ギターにスパンコールをまぶしたようなフジツボ。
空き缶に身を寄せ合う、つがいの小魚…いろんなユーモアを感じさせてくれる、そこがまず有意義な一冊。


関連記事:
【最近読んだ本】鍵井靖章「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」| 2015.04.05
0
    | books | 2009.09.27 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top