ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
波津彬子「雨柳堂夢咄」其ノ一

こないだ「其ノ三」を読んで、今度は1巻目を。
といっても、蓮の生い立ちとか祖父と住んでる経緯などはなかったんですねー。
第一話は掛軸に宿る花精の悲話、明治の世相を活かしたヒネリと椿である深みを感じます。
他、全部で10話。
初出は'91〜'92年。

まず科白まわしが上手いんだな、蓮の知らない祖父の口振り、商家の娘の口調。特に驚くのは花魁ことばの複雑な語形変化の的確さ(いや知らないけどね)!
更には明治女性の結い上げ形や元服前の髷なども、丁寧に描き込むこだわり。
もちろん着物の柄や蒔絵細工も疎かにせず、筋だけを追って見過ごせない密度。

しっとりとした…あぁ、情話って言うんですかねぇ(恋愛的な意味もですが)。
左の小指を無くした太夫の人形、朝顔の移った着物。
象篏の小柄が伝える未練、刺繍の唐子に秘められた祈り。
道楽好きの小悪党が溺れる夢に吹き出して、仔犬の湯たんぽに和んで…。
いい仕事、されてます。


続巻


〈波津彬子〉関連記事:
【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
【最近読んだマンガ】波津彬子「燕雀庵夜咄」| 2009.12.01
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだマンガ】波津彬子「幽霊宿の主人 冥境青譚抄」| 2017.07.08
【最近読んだマンガ】波津彬子「鏡花夢幻」| 2019.04.13
0
    | comic | 2009.09.28 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top