ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
穂村弘「にょっ記」

4月の1日から3月のおしまいまで、日記ふうに書かれた形容し難い読み物。
僕のつける日記とは大いに違うし、作家が書籍化している作品とも様相を異にするのだが…。
ひょっとしたら、割とよくある日記かもしれない。

でもまぁ、きっと日記ではないんだろうな。
とはいえ本当に「キャンディ・キャンディ」の四巻だけ分厚いのかもしれないし、神保町にキントト文庫なる古書店は存在するかもしれないし、ムーミンだって約30センチかもしれない。

作者は短歌の歌人である。
言葉を短く鋭く研いでゆく事を重ねている人だけに、時々ヒヤリとさせられる。
鋭くといっても辛辣という意味ではないから、その案配でドキドキもさせるしニヤリともさせるのだ。
見えるもの、見えないものを切り出す言葉。
いとも容易く、分かりやすくやってのけるのを(ふふふ、おかしな人)と安心して笑っているが。
僕は彼の「下から目線」に、いつも感嘆してしまう。


〈穂村弘〉関連記事:
【最近読んだ本】穂村弘「いじわるな天使」| 2007.09.21
【最近読んだ本】穂村弘「本当はちがうんだ日記」| 2007.09.23
【最近読んだ本】穂村弘「世界音痴」| 2007.10.04
【最近読んだ本】穂村弘「現実入門」| 2007.10.08
【最近読んだ本】穂村弘×寺田克也「車掌」| 2009.02.23
【最近読んだ本】穂村弘「絶叫委員会」| 2011.09.11
【最近読んだ本】穂村弘「にょにょっ記」| 2012.09.14
【最近読んだ本】穂村弘「もしもし、運命の人ですか。」| 2018.11.26
0
    | books | 2009.10.03 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top