ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
池澤夏樹「南の島のティオ」

読み返すのは初めてかもしれないが、印象に残る一冊。
友人に薦められて本書を読み、それから作者のエッセイや小説はチェック対象になっている。
本作は'83年頃から児童文学の季刊誌などに掲載された連作で、出版されたのは'92年だそうだ。

南の島の少年、ティオの目を通して語られるファンタジックなエピソードたち。
珊瑚礁に囲まれて、飛行機は週に3便、まじないの言葉がまだ少し生きている。
運命的な恋のように、訪れた人を夢中にさせる島。
しかしティオは、そういった人物が戻って来る事は二度とないように感じる。
この辺りのニュアンスが、以前よりも分かりやすく感じられた。

成就を求めない夢。
帰る場所があり、待っている人がいる…ということ。
醒めない夢を見る方便として、常に未来のままで。

人生を旅に例えるなら、実は一方通行であり行って帰る旅ではない(少なくとも待っている人はいない)。
だからこそ誰もが固有の「ファンタジー」を準備するのだ、世界と人生に夢を見せるゴーグル。
幻想が生きはじめる時、現実が色褪せる訳ではない。
現実が色褪せるのは、むしろ幻想が生きていないせいではないか?

ただ一人、ティオの島に夢を見なかったエミリオ。
夜明けの外海へと漕ぎ出してゆく手作りのカヌーが、意識下のゴーグルを気付かせてくれる。


〈池澤夏樹〉関連記事:
【最近読んだ本】「虹の彼方に」| 2008.03.28
【最近読んだ本】「叡智の断片」| 2008.10.24
【最近読んだ本】高砂淳二、垂見健吾(撮影)「クジラが見る夢」| 2009.01.25
【最近読んだ本】渡邉良重(絵)「世界一しあわせなタバコの木」| 2009.08.22
【最近読んだ本】「タマリンドの木」| 2010.04.23
【最近読んだ本】「マリコ/マリキータ」| 2010.05.02
【最近読んだ本】「スティル・ライフ」| 2010.12.29
【最近読んだ本】「終わりと始まり」| 2014.05.20
【最近読んだ本】「南の島のティオ」(増補版)| 2019.01.24
0
    | books | 2009.10.09 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top