ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
よしながふみ「こどもの体温」

ウィングス・コミックス、初出'97〜'98年の連作+描き下ろし。
酒井高紀38歳、息子の紘一と二人暮らし。

妻の加奈子を亡くして一年目、小学校卒業前の紘一と妻の実家を訪ねる話。
中1になった息子の同級生を、検査のために産婦人科へ連れて行く話。
高校時代の山岳部で“三羽烏”と謳われた高紀の後輩たち、遺された二人の切ない喪の一年。
中2となった紘一のクラスにいる、浮きまくりバレエ王子と手つなぎ親子の話。
最悪の場面で最初のコと鉢合わせる、卒業前の紘一。
父と子の叱責と和解の瞬間を描き下ろした掌編。

冬から、春を迎えようとする季節。
高紀の後輩たちのエピソードを除いて、そこに集中しているのは偶然なのかな?
まるで最初から、一巻のコミックスとしての統一性を考えて描かれたようです。
普通は春先の話はその時季に掲載されるものだろうし、三羽烏も夏の話なのに晩秋の号に描いているのが不思議な感じです。

端からは見えない、そこに潜む意味の深さと淡い情感を巧みに浮かび上がらせています。
先にテーマがあってシチュエーションを考えるのか、状況設定を決めてから語られる思いを彫り下げているのか…?
文学的な、行間を感じる表現だと思いました。


関連記事:
【最近読んだマンガ】よしながふみ「彼は花園で夢を見る」| 2009.07.16
【最近読んだマンガ】よしながふみ「西洋骨董洋菓子店」1巻| 2009.10.26
【最近読んだマンガ】よしながふみ「フラワー・オブ・ライフ」1巻| 2010.06.10
【最近読んだマンガ】よしながふみ「きのう何食べた?」1巻| 2011.02.01
【最近読んだマンガ】よしながふみ「愛がなくても喰ってゆけます。」| 2012.04.26
【最近読んだマンガ】よしながふみ「愛すべき娘たち」| 2013.12.13
【最近読んだマンガ】よしながふみ「ソルフェージュ」| 2016.09.29
0
    | comic | 2009.10.13 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top