ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
田中光二「エデンの戦士」

非常に懐かしい名前を、偶然に見つけた。

最初に読んだ文庫本は富野喜幸「機動戦士ガンダム」だった、それは恐ろしげなメイクに聴くのを躊躇していたハードロックの扉を開けてくれたMSGと共に、小学生の自分では無理だと決め付けていた世界へ踏み込む契機であった。
中学時代は洋楽とSFにのめり込み、朝日ソノラマの高千穂遙やコバルトの新井素子を足掛かりに手当たり次第読んでいた気がする。

その中の一冊が本書であり、タイトルを見ただけで当時の空気が自分の中によみがえってきた。
人類の滅亡から二千年後の変わり果てた地上における、遠く離れて目覚めた男女の壮大な旅と邂逅の物語である。
しかし内容に懐かしさを覚える場面は、何故か一箇所もないままだった。
それは新鮮さよりむしろ、思い出補正がない分だけ辛い結果になってしまった。

装幀も昔とちがう、'78年初版の文庫を底本としているという事は僕が知るよりも古い時期に書かれたSFだったのか。
ならば、現代に好まれる簡潔な文体ではない仰々しさも勿体つけている割にチープな科学知識も仕方ない。
とはいえ、ご都合主義な機能しない伏線ばかりで中盤以降はデウス・エクス・マキナである…すべての謎も難関も、機械仕掛けの神によってご破算なのだ。
30年前にしては頑張った、だが設定に負けたハードSFのなりそこない。
スカッと失望。
0
    | books | 2009.10.15 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top