おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
石ノ森章太郎「サイボーグ009 時空間漂流民編」

'91年、学研ノーラコミックス。
どうやら“移民編”の続きらしいです、なんかバリエーションがあるんですね。
おそらく未来世界から時間移動を試みて亜空間の放浪集団となってしまった件(くだり)が“移民編”なんでしょうな、それで移民諸派の暗躍を阻む009たちの活躍が本編と。

世界各地に散ったメンバー達の周囲で起こる奇怪な事件を、サンジェルマン伯爵ら反対派の協力を得て解決していきます。
移民の中で意見が割れ、リスクを冒しても時空間への帰還を果たそうとする強硬派によって歴史が歪もうとしているのでした。
てこの原理でいうならば、未来の力点から太古に介入して支点を作り現代を作用点としているようです。
なぜ現代かというと、亜空間から戻りやすいポイントだっていう事で。
そしてレイ・ライン上を監視していた全員が拉致されるのですが、間一髪で歴史の改変阻止に成功。

うまくパラドックスを回避しつつ、移民たちの悲しい運命やヒミコの悲恋にもオチをつけてます。
大昔に観た劇場版アニメは確か、世界樹編をベースにしていたんだっけか…?
最初期の戦隊モノみたいな設定から、勧善懲悪では割り切れない世界を彷徨していった009たち。
カタルシスのないファンタジーは、終わりなき葛藤を映す影絵のようですな。


追記:→公式サイト内の「時空間漂流民編」リンクです
こちらは一般ブログですが、前段となる「移民編」に生じていた“改変”と、その結果として「時空間漂流民編」が描き起こされた顛末を綴る力筆です! 『ちびくろサンボ』に始まる80年代の言葉狩り、安易な核ネタへの戒めなど実に読み応えある記事です。→『サイボーグ009 移民編』 作家の良心 by映画のブログ



〈石ノ森章太郎〉関連記事:
【最近読んだマンガ】平井和正(原作)、石ノ森章太郎(画)「幻魔大戦」全2巻| 2010.06.30
【最近聴いたCD】フラワーカンパニーズ「フラカン入門」| 2011.11.14
【最近みたDVD】「009 RE:CYBORG」| 2015.08.16
【最近みたDVD】「サイボーグ009 VS デビルマン VOL.1」| 2016.05.01
【最近読んだマンガ】石丿森章太郎・村枝賢一「新 仮面ライダーSPIRITS」1巻| 2017.05.25
【最近読んだマンガ】石丿森章太郎・村枝賢一「新 仮面ライダーSPIRITS」2巻| 2017.06.11
【最近読んだ本】鉄人社編集部「人気マンガ・アニメのトラウマ最終回 極限編」| 2019.09.24
0
    | comic | 2009.10.16 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top