ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近行ったところ | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
波津彬子「雨柳堂夢咄」其ノ七

どうも奇数に縁があるようで、ときて七であるとはヤレ数奇な偶然。
…などと洒落てはみたものの、いささか薄気味わるくもあるのは事実。
図書館で借りているので読みたい順にいかないのはともかくとしても、内容が内容だけに文字どおり深読みしたくなってしまうのだ。

骨董屋を舞台に、物に宿った曰くの念が怪異を招く。
先達ての伍巻で薄らと明かされた、篁と釉月の因縁話から其ノ七は幕を開ける。
しかも珍しく前巻からの続き物らしい、これまでの読み切りではないだけに只ならぬ経緯があったようで。
釉月は松村が叔父である事を、彼が篁を名乗る贋作屋である事を知ったのか?
どこから洩れ聞いたのか、釉月は形見の御守りを篁に渡すよう蓮に託していた。
そこには表に裏に手広く商う古物商が噛んでいて、篁と彼を恨む凶状持ちとを秤にかけて動かす算段を進めているのだった…。

ある顛末のスケッチに留まらない、人物の奥行きに考証の行き届いた背景を重ねて丁寧に織り込んである。
きっと、分かれば分かるほど面白くなり且つ唸らされるのだと思う。
だがそれは通好みの、門外漢には高い敷居では決してなく、飽くまで間口を拡げてくれる隠し味なのだ。
三浦しをんが「幸福な哀しみ」と書く、まさに“生きる世界が異なるもの同士の、つかのまの交流と別れ”こそが物語の妙味である。

幼い頃に聞いた民話の世界を思い出させてくれる、幽玄と滑稽さの案配も好い。


前巻


〈波津彬子〉関連記事:
【最近読んだマンガ】波津彬子「雨柳堂夢咄」其ノ一| 2009.09.28
【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
【最近読んだマンガ】波津彬子「燕雀庵夜咄」| 2009.12.01
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだマンガ】波津彬子「幽霊宿の主人 冥境青譚抄」| 2017.07.08
【最近読んだマンガ】波津彬子「鏡花夢幻」| 2019.04.13
0
    | comic | 2009.10.23 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top