おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
BON JOVI「クロス・ロード」

「80年代の洋楽を振り返る企画」、パート3はボンジョヴィ。
'94年リリースの、10周年記念ベスト盤だそうで。

個人的にはデビュー・アルバムの「She don't know me」が印象深いですが、自作曲ではないせいか未収録なんはちょっと残念。
まぁ「夜明けのランナウェイ」も滅茶苦茶キャッチーでしたよね、アメリカ版アースシェイカーかって位。
先日のヴァン・ヘイレンと共に、イギリス中心だったハードロックをアメリカにシフトさせ大衆化に貢献した点で特筆に値するのではないでしょうか?

きちんと聴いた記憶はなくても、多くのヒット曲は耳にしただけで分かります。
ジョンの歌声、明るくて高揚感のあるサウンドは彼らならではの王道ロック。
後発のメタル・ブーマーが先鋭化して難解さやキワモノっぷりで売る中、スタイルを変えずにきた頑固さが功を奏したのでしょう。
野球に例えると、スタンドプレーに走らず着実に最多安打を維持するような…。

結果的にヴァン・ヘイレンが失速しガンズが分裂してもボンジョヴィは一貫して明快だった、その根底にあったのは自身とリスナーへのFAITHだったのかもしれません。
インナー・スリーブを拡げると“THANX FOR BELIEVIN' J.B”と書いてあり、そこに(色々あったろうなぁ)なんて感嘆を覚えました。


関連記事:
【最近聴いたCD】BON JOVI「ロスト・ハイウェイ」| 2007.10.02
【最近聴いたCD】BON JOVI「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE」| 2018.04.04
0
    | music | 2009.10.24 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top