ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
長山靖生「彼らが夢見た2000年」

電話、蓄音機、電球、エレベーター、自動車、飛行機、映画…これらが登場した時代に描かれた(明るい未来)を紹介しましょう。
若干スチームパンクなのは微笑ましく、まだ空と海のパーソナル化や物質の電送には至っていませんが。

巨大商業施設やネット通販、テレビ電話が私生活を暴露する事や携帯電話での株取り引き、名所史跡が商業汚染される100年後は予想通りになりました。
マウンテンバイクにアイスホッケーなどはともかく、テレビ伝道師やファストフード化などは悪気ない無邪気な空想だからこそゾクッとします。
その上サイバーパンクさながらに東洋趣味の未来都市を、せいぜい10階建てが高層ビルだった時代に発想しているのも奇遇です。

幕末の訪欧使節が持ち帰ったSF小説で予測された、200年先の2065年の世界も興味深いですね。
電灯の普及と建築素材の進化、地球規模の映像通信網、特に植民地の独立にまで触れているそうで。
すべては延長線上にあるんです、ただし人間性だけは進化しなかった…いえ、物質的繁栄に反比例してしまいました。
相対的に幸福度は一定を超えないんですかね、余暇も消費も女性の地位向上も。

'99年に新潮社より刊行された本書はアンドリュー・ワットとの共著となっていますが、実際にはワット・コレクションの図版に作者が解説文を書いています。


関連記事:
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近みたDVD】「デス・レース2000年」| 2014.12.24

〈土木・建築〉関連記事:
【最近読んだ本】阿久井義孝(文)、伊藤千行(写真)「ビジュアルブック 水辺の生活誌 軍艦島」| 2008.03.10
【最近読んだ本】小野一郎「ウルトラバロック」| 2008.10.13
【最近読んだ本】神谷武夫「インドの建築」| 2008.12.19
【最近読んだ本】神谷武夫「インド古寺案内」| 2008.12.21
【最近読んだ本】谷川渥「死都」| 2009.02.13
【最近読んだ本】南川三治郎「世界遺産巡礼の道をゆく」| 2009.08.10
【最近みたDVD】「Holy Night in Cathedral」| 2010.05.06
【最近みたDVD】中国中外文化交流中心「古代建築博物館」| 2010.05.15
【最近読んだ本】元田久治「NEO RUINS」| 2012.06.19
【最近読んだ本】荒俣宏(著)、大村次郷(写真)「獅子 ―王権と魔除けのシンボル」| 2012.09.20
【最近読んだ本】「れんがと建築」| 2012.10.26
【最近読んだ本】「世界のおもしろい家」| 2014.05.02
【最近読んだ本】大山顕「高架下建築」| 2014.08.06
【最近読んだ本】畠山直哉「BLAST」| 2015.01.05
【最近読んだ本】西山芳一「美しい土木・建築中」| 2015.04.10
0
    | books | 2009.10.28 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top