ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
山岸凉子「月読」
白土三平「赤目」


「月読」は、日本神話をモチーフとした'86年頃の5作品を中心に収録。
以前読んだ「鬼」もそうだが、表題作のように神話の時代を描写する生々しさに魅力を感じる。
南洋部族を思わせる瘢痕(はんこん)と自傷の示唆、豊穣神の惨殺された屍体から繁茂する植物の表現…。

あるいは大胆に組み換えて現代劇に仕立てる作話力も、まるで違う話のようで原話の恐怖感が抽出されているのが凄い。
湖水の精に材を得た「ウンディーネ」だけは'78年の作品で、なんとなく大林監督映画「キタキツネ物語」を思い出した。


関連記事:
【最近読んだマンガ】山岸凉子「鬼」| 2009.06.29
【最近読んだマンガ】山岸凉子「自選作品集 ハトシェプスト」| 2010.09.08
【最近読んだマンガ】山岸凉子「自選作品集 タイムスリップ」| 2010.09.11
【最近読んだマンガ】山岸凉子「白眼子」| 2014.10.04
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06


「赤目」は、正直なところ退屈に感じられた。
表題は作者にとって特別な意味を持つような気がしていたのだが、その点で本書は肩透かしだった。
抑圧された農民だった、一人の死に損ないが忍びに助けられて修行を積む。
しかし才能がないと追い出され、餓えた山猫に片目片足を奪われる。
遊行僧として周辺に赤目教を広め、増えすぎた赤目が食物連鎖の均衡を破る時に本懐を遂げるのだが…。
諸行無常なのね、としか言いようがない。

巻末エッセイの内記稔夫は高3で貸本を開業した現代マンガ図書館館長、語られる時代背景などは本編より貴重で有意義。
貸本漫画の両雄、女性に受けた小島剛夕とグロ&反逆の白土三平とは妙に納得。
0
    | comic | 2009.10.29 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top