ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
ヒューバート・ロウズ「シカゴ・テーマ」

なんか懐かしい名前です、80年代のオーディオCMでフルートを吹きまくる姿が脳裡に浮かびました。
本作は'75年リリース、そしてCTIのクリード・テイラーがプロデュース

それにしてもパーソネルが凄いメンツですな、僕の知る限りでもクロスオーバー時代のオールスター状態。
立役者ボブ・ジェームスにフルアコの第一人者エリック・ゲイル先日聴いたジョージ・ベンソン、ベースはロン・カータースタンリー・クラーク、リズム隊はナベサダや永ちゃんら日本人サポート多数のスティーヴ・ガッドラルフ・マクドナルド、そしてホーン・セクションはカシオペアのファーストにも参加したデヴィッド・サンボーンブレッカー兄弟…。

70年代ソウル・タッチの1曲目に続くマリア・マルダースタイリスティックスのカバー、この辺にフュージョン前夜の電化ジャズといった気配を感じます。
ポリフォニック以前の独特な単音シンセといい、大野雄二の1枚目ルパン・サントラにも通じる時代の音が堪りませんわぁ〜。
ボブのアレンジによる「新世界より・第二楽章」は、ブラックモアが第九を変えた「アイ・サレンダー」以上に思いっきりな感じ。

CTIらしい本格イージーリスニングは、もはや消費され過ぎて陳腐でありますが、今や(もうちょっとすれば次世代のラウンジ系)として逆転オシャレ扱いされそうな気がします。
とはいえ、やっぱり現時点では要「懐古補正」でしょう。


〈CTI/クリード・テイラー〉関連記事:
【最近聴いたCD】「ゲッツ/ジルベルト」| 2011.10.12
【最近聴いたCD】PAUL DESMOND with STRINGS「Desmond Blue」| 2013.02.21
【最近聴いたCD】JIM HALL「CONCIERTO」| 2014.08.07
【最近聴いたCD】STAN GETZ「BIG BAND BOSSA NOVA」| 2015.12.09
0
    | music | 2009.10.30 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top