おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
ディー・ディー・ブリッジウォーター「レッド・アース」

(バマコ録音)というのが気になって手に取った時点では、若々しいジャケ写の印象から、先日のユッスー・ンドゥールのようなアフロ・ポップスを想像していたのですが…。

サブタイトル「ア・マリアン・ジャーニー」は、聖母の旅と訳せばいいのかな?
70年代から活躍するアメリカ人ジャズ・シンガーで現在はフランスを拠点にする彼女の、ルーツ回帰的な音楽旅行から得たインスピレーションの大きさが込められているようです。
「人生を変えた」という熱い言葉が示すとおり、既存のワールド・ミュージック枠に収まらないハイブリッドなサウンド・ディレクションではないでしょうか。

早速トーキング・ドラムから始まったのが、コルトレーン「Afro blue」
いわゆる実況録音的なリアルフォークとは違うんですよ、といっても以前のデーモン・アルバーンよりは西洋音楽的に整理された感じもするのですが、全体としては現地ミュージシャンの紡ぐ音に優位性がある…といいましょうか。
かと思えばファンキーかつ諷刺の利いた「Compared to what」をラップ織り交ぜてカバーしたり、どう言うのが適切なんだろうな?

ピアノやウッド・ベースといったジャズのマナーに沿って奏でる流れと、マリの伝統楽器たちによる重層的な響きとが渾然一体となった音楽はモダーン・プリミティブとでも言うべき…?
あーダメだわ、うまく表現できないです。


関連記事:
【最近聴いたCD】デーモン・アルバーン&マリ・ミュージシャンズ「マリ・ミュージック」| 2007.10.25
【最近聴いたCD】マイルス・デイヴィス「TUTU」| 2009.05.16
【最近聴いたCD】ユッスー・ンドゥール「ジョコ」| 2009.07.25
【最近聴いたCD】マイラ・アンドラーデ「ナヴェガ〜航海」| 2011.08.10
【最近聴いたCD】「決定盤!!アフリカンドラム・ベスト」| 2013.03.29
【最近聴いたCD】ZAP MAMA「同」| 2013.07.18
【最近聴いたCD】KEZIAH JONES「AFRICAN SPACE CRAFT」| 2014.01.14
【最近聴いたCD】ROY AYERS「A SHINING SYMBOL The Ultimate Collection」| 2014.12.22


*以下の動画は、携帯からですと視聴できないかもしれません。

『Red Earth -Dee Dee Bridgewater-』(SOUND ONLY)


『Dee Dee Bridgewater - Compared To What』(PVです)


『Dee Dee Bridgewater - malian's project』(ライブ映像です、向かって左手の歌手が本人)
0
    | music | 2009.11.02 Monday | comments(0) | - |













    ↑ top