ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
波津彬子「お目にかかれて」

近頃よく読んでる「雨柳堂夢咄」の作者による、'85年から'88年にかけて発表された8作品を収めた短編集です。
「雨柳堂〜」は明治中期の日本を舞台にしていましたが、本作はいずれも4〜50年代のアメリカです。

黄金時代の残照に、戦争の翳りが射し込む微妙な世相を巧みに織り込んでます。
元従軍記者に元工作員、南米での事業など歴史背景が分かれば更に楽しめそう。
アールデコ様式の建物や家具、ファッションなどにも相変わらず手抜かりなし。
特に表題作は古いビルの中で展開するので凝ってますね、しかも孫のタイはシングル・ノットで祖父はダブル…って気のせいかな?

女性が主役の話は2つしかないですが、基本的にはラブロマンスです。
ただし気難しい老社長を主役にした巻末の「イントロダクション」は、ちょっと独特な味わいがあります。
強引に事業を拡大してきた頑固親父が、亡くした息子の面影を重ねるラスティと女友達のリンジーと友情を結ぶ束の間の日々。
やがて戦争の気配が押し寄せ、ラスティも戦場へ…。
タイトルの“導入部”とは、マーティが生き直す第二の人生なのかそれとも。

どの作品にも、心に空洞を抱えた登場人物が描かれているのが特徴的ですね。
失った愛や満たされぬ思い、そう言ってしまうと珍しくもないんですけどね。
なぜ現代ではないのか、単に作者の趣味だけでなく今っぽい病んだ感性では成り立ちにくいのだろうなぁ。


〈波津彬子〉関連記事:
【最近読んだマンガ】波津彬子「雨柳堂夢咄」其ノ一| 2009.09.28
【最近読んだマンガ】波津彬子「燕雀庵夜咄」| 2009.12.01
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだマンガ】波津彬子「幽霊宿の主人 冥境青譚抄」| 2017.07.08
【最近読んだマンガ】波津彬子「鏡花夢幻」| 2019.04.13
0
    | comic | 2009.11.04 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top