ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
「世界が見た ひたむきな日本人」

日経ナショナル ジオグラフィック社、'07年出版の写真集です。
1888年に創刊された「ナショナル ジオグラフィック」誌から、本書は人物写真をまとめたものです。
章立ても、働く日本人、学ぶ・遊ぶ、子供と家族という3部構成で、古き日本のライフスタイルをご紹介。

100年前といえば明治の後半ですし、戦争だって50年以上も昔の事です。
今より貧しかった、というか余りなかったから物は何でも大事にしたし、困った時は互いに助け合った。
すごく単純な事なんだな、と思います。

現代人が失ったもの…なんて、何か大切なものが過去にはあったみたいに人は思いたくなるものです。
ですが不便さや不衛生さ、過酷さとセットになっていたとしたら、そりゃあ失われてるのも腑に落ちるってものではないでしょうか?
だからこそ本書には意義があるんです、何も(昔はよかった)じゃないよって。

貧しい国々で出会う、人々の心の純粋さに感動したり我が身を恥じたりします。
物に不自由しなくなるほど有り難みなんてなくすし、衣食が足りても礼節に及ばず金の使い道に踊るだけ。
価値の相対性でいえば、天秤の構造は不変なのかも。

ファインダーのこちら側で(貧しさの中の豊かさ)に感動しているカメラマンの眼差し、貧しき先祖の夢見た100年後に生きる我ら子孫も同じ憐れみを抱くの?
白人社会の無自覚な優位思想に、自戒の念を込めて。


〈ナショナル ジオグラフィック〉関連記事:
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近読んだ本】「ぽつん」| 2014.05.14
【最近読んだ本】林典子「キルギスの誘拐結婚」| 2015.04.20
【最近読んだ本】安倍雅史(監修)、岡崎秀(執筆協力)「消滅遺産」| 2020.02.28

関連記事:
【最近読んだ本】石黒敬章「石黒コレクション 幕末・明治のおもしろ写真」| 2008.03.07
【最近読んだ本】長山靖生「彼らが夢見た2000年」| 2009.10.28
【最近読んだ本】ニコライ「ニコライの見た幕末日本」| 2010.01.24
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近読んだ本】江成常夫「まぼろし国・満州」| 2014.06.19
【最近みたDVD】「リュミエール!」| 2018.08.11
【最近行ったところ】「中国写真紀行 −日本人が撮った100年前の風景−」| 2018.10.29
0
    | books | 2009.11.12 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top