ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
木寺紀雄「リサ・ラーソン作品集」

ピエ・ブックス'09年刊。
50年代から70年代にかけて、スウェーデンの名窯グスタフスベリの黄金期に活躍した陶芸デザイナーとその作品を紹介する。

「1950年代は、機能的なスウェディッシュモダンがもてはやされたうえに、機能のあるモノをよしとする風潮があったから」
「私もテーブルウェアを作りたかったんだけど、私のデザインしたモノは評価されなかったし、残念ながらあまり売れなかったの」
「反対にフィギュアは、みんなが気に入ってくれたうえに、とても良く売れたものだから、自然とそっちを作ることになったのよ」

もうじき80歳を迎える今も、ファイン方面のペインターである夫グンナルと共同展を開催するなど精力的に活動しているそうだ。
今時であれば3年ぐらいで独立して個人ブランドを立ち上げそうなものだが、彼女は50歳まで勤めた。
それは彼女の言う「アートと工場の技術の幸福なマリアージュ」が、彼女の有能さとアートへの理解が反映される環境だった故にかもしれない。
しかし時代の変化と経営陣の刷新によって、活動の場を外に求める事になる。
ビジネスマンからすれば「仕方ない」の一言だろうが、1980年に起こった変容はアート&クラフト運動の終焉の再現、あるいはデザインからアートが失われる第一波だったかもしれない。

当時の作品が復刻され若いバイヤーが絶賛する現象はともかく、本書に込められた愛情には共感できる。


関連記事:
【最近読んだ本】広告批評別冊「佐藤雅彦全仕事」| 2008.02.01
【最近読んだ本】オーギュスト・ラシネ「民族衣装」| 2008.12.15
【最近読んだ本】「ミュージック・グラフィックス」| 2009.03.12
【最近読んだ本】アイデア編集部・編「アイデア・アーカイブ 原研哉のデザイン」| 2009.05.17
【最近読んだ本】平野甲賀「平野甲賀 装幀の本」| 2009.09.06
【最近読んだ本】「1980年代のポップ・イラストレーション」| 2009.10.25
【最近読んだ本】山王丸榊「書体の研究」| 2011.04.10
【最近読んだ本】高井潔「日本の暖簾 ―その美とデザイン―」| 2011.05.28
【最近読んだ本】杉元秀樹・杉元賢治「アインシュタイン切手博物館」| 2011.08.30
【最近読んだ本】渡部千春「これ、誰がデザインしたの?」| 2012.06.16
【最近読んだ本】河北秀也「元祖! 日本のマナーポスター」| 2012.09.29
【最近読んだ本】佐藤雅彦+菅俊一+石川将也「差分 Difference」| 2012.10.06
【最近読んだ本】木寺紀雄「おじいちゃん。おばあちゃん。」| 2016.09.20
0
    | books | 2009.11.24 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top