おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
ダニー・ハサウェイ「愛と自由を求めて」

彼は、僕にとってアル・ジャロウ、カーティス・メイフィールドと並ぶ「三大いつか聴くべきシンガー」の1人です(なんだそりゃ)。
でも先日のアル・ジャロウが若干ガッカリでしたので、本作の地味なジャケには失望の予感がありました。
ま、結論を言うと満足しております。
先の2人は声を耳にした程度の記憶はありましたが、彼だけは名前しか知らなかったので先入観のギャップもなく新鮮に聴けました。

いきなりロニー・リストン・スミス的スペイシー・サウンドとスペクタクル映画音楽を融合したような、なかなかパンチのあるインストに驚愕です。
単なる歌手ではなく、自らオーケストラの指揮も執るソングライターでありアレンジャーだったんですね。
流れるように続く2曲目からのスティーヴィー・ワンダーを思わせる歌唱は、最年少ゴスペル・シンガーというキャリアに納得です。

全体ではクロスオーバー・フィーリングなメロウ・ソウル系ですかね、でも'73年というリリース当時の時代性では早いのかな?
70年代のスティーヴィーっぽいスピリチュアルな方向性にも感じられますが、ブルースやファンクとも違和感なく同居してます。

パーソネルが多彩かつゴージャスで、本人の鍵盤とベースの他にコーネル・デュプリーやフィル・アップチャーチ(そしてここでもラルフ・マクドナルド)など約30名のクレジットが!
0
    | music | 2009.11.26 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top