ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
川俣 正(作)、村田 真(文)「A WALK ON THE BRIDGE 橋を歩いていく」

川俣正?…あぁやっぱりね、80年代の現代美術で度々目にした作家の。
海外でのインスタレーションが多く、街中に出現した板の構造物は写真でしか見た事がないけれど。
というかインスタレーションそのものも、彼の意図も理解が及ばなかった僕は詳しく知らないのだ。
ただ、その不思議な印象だけが記憶に残っていた。
布のクリスト、板の川俣。

絵本のような体裁で、写真とスケッチを組み合わせた作品に人物のシルエット。
その黒い影に自分を重ねて、構造物を疑似体験する。
文を書いているのは横浜バンカートスクールで現代美術を教える校長先生、ぴあ編集部から美術記者を経た履歴の持ち主でもある。
さりげなく解説を交えつつ、彼は橋を歩いていく。

アートなんて本来御大層なものじゃない、子どものような「わあっ」って体験をもたらす現象なんだよね。
だから日本では、自治体の協力が得にくいのだろう。
逆に海外の、形あるものの形以上のものを見抜く余裕って考えさせられる。
宗教抜きの共同体イベントが歴史に根付いているのかもなぁ、というかスクラップ&ビルドな環境では非日常性ってアートじゃないかもね、スラムに住む人は日常かもしれないしブルーシートの箱家に住む人なら(下手くそ)って言いそう。

ただパリの教会で8000脚の椅子を伽藍に積み上げた光景は、やっぱ「わあっ」だよなぁ〜?


関連記事:【最近読んだ本】山口裕美「COOL JAPAN」 | 2008.03.25
0
    | books | 2009.11.27 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top