ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだ本 | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
吉田秋生「イヴの眠り」5巻

掲載時期は不明だが、本書の初版が'06年なので作者のキャリアでは比較的新しい作品といえる…なんて、ちょっと前に「夢みる頃をすぎても」を読むまで知らなかったんですけども!
で、なんか今更バナナフィッシュでもないかなーとか思ったりもして、様子見的に新しめの作品に手を伸ばしてみた次第。

でもこれ、サブタイトルに「YASHA NEXT GENERATION」とあって、どうやら作者の代表作のひとつである「夜叉」の続編なんですね。
要するにアレかな、ジャンプ系80年代のヒット作が一時期続々と連載を復活させたのと同じ流れ?
しかもこれが最終巻なので、元の作品も本作の経緯も分かっていない状態で読んだのですが…。

前作での主役だった静の人ならざる能力を継いだ2人、死鬼を名乗る冷徹なクローンvs.龍の娘と呼ばれるアリサたちの攻防と異端の血を巡る決着です。
静とアリサの束の間の邂逅と「哀れな“弟”」を連れていく場面は、ひとり遺される超人の孤独と題名の謎解きが繋がってジーンときました!

ところでクライマックスを沖縄に持ってくるという展開、SFっぽいマンガでは流行ってるのでしょうか?
結構思い浮かぶんですけどシャーマニスティックな不可視の力のリアリティーはアイヌよりユタの世界なんですかねぇ、決して科学技術への強引なデウス・エクス・マキナ解決とは思ってませんし“龍の娘”設定がウタキで活きる訳ですが。


関連記事:
【最近読んだマンガ】吉田秋生「イヴの眠り」2巻| 2011.11.06
【最近読んだマンガ】吉田秋生「イヴの眠り」4巻| 2011.12.19
【最近読んだマンガ】吉田秋生「イヴの眠り」5巻| 2011.12.25
0
    | comic | 2009.11.28 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top