ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
波津彬子「燕雀庵夜咄」

作者のあとがきによると、本書が初めての文庫本だそうだ。
表題作の時代は大正に移っているが、不思議譚としては代表作「雨柳堂夢咄」の原点といえる。

のっけからあとがきの事ばかりになるが、短い文章ながら「美しい日本語」というのを初めて感じた。
やわらかな女性のことばで、特別かしこまってもいないし古くさい言い回しをしている訳でもない。
会った事もないのに仄かな思慕を抱くほど、普通の言葉遣いに人品骨柄が表れてくるのだな…なんて。

本書には'83〜87年に雑誌掲載された8作品と、'86年に表題の連作が朝日ソノラマから文庫化された折に追加された小話を収録。
表題作は実質3話なのだが、小話によって過去の読み切りを組み込んでいる。
しかも一話ごとに掲載誌が異なるし初出年代順に並べても違和感がある、その辺に編集部署や掲載事情が透けて見えそうだ。
例えば連載作家の穴埋め用として編集部預かりになっていた原稿が、担当者の異動や誌面のトーンで個別に使われた…とか?

その他の作品も魅力的で、古典的怪談を刹那い恋愛物語に昇華させた「牡丹灯篭」は男の心情が胸に迫る。
特に「花夜恋歌(はなよいこいうた)」は江戸期以前の細部や背景描写と、憑依された女の別人格を立ち居ずまいだけで描き分けている力量も出色。
現在ならば更に整理された構成になるだろうが、この4年間で表現力が洗練されていった事がよく分かる。


〈波津彬子〉関連記事:
【最近読んだマンガ】波津彬子「雨柳堂夢咄」其ノ一| 2009.09.28
【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
【最近読んだマンガ】山岸凉子「ゆうれい談」| 2015.09.06
【最近読んだマンガ】波津彬子「幽霊宿の主人 冥境青譚抄」| 2017.07.08
【最近読んだマンガ】波津彬子「鏡花夢幻」| 2019.04.13

関連記事:【最近読んだマンガ】丸尾末広「パノラマ島奇譚」| 2010.05.26
     【最近読んだマンガ】和田尚子「チ・カ・ラ」1巻| 2011.01.05
     【最近読んだマンガ】和田尚子「チ・カ・ラ」2巻| 2011.01.20
     【最近読んだマンガ】松田奈緒子「えへん、龍之介。」| 2012.05.31
     【最近読んだ本】萩杜螢「妖怪異聞 狼夜の月」| 2012.12.04
0
    | comic | 2009.12.01 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top