おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
アフリカ理解プロジェクト(編)「アフリカンアート&クラフト」

本書は「見る・つくる・知る おしゃれなアフリカ」というシリーズの、'07年に出版された4作目。
1がファッションとアクセサリー、2が料理で3がインテリア、本書は手工芸を中心に紹介されています。

どうもアフリカというとシリアスでネガティブなイメージが先行しがちで、確かに火急の事例は山積みかもしれませんが明るい面にも目を向けていこうじゃないか…という企画が、こうして日本で発信されているのは頼もしい気がします。
特に商業主義とボランティアといった関わり方に縛られない、こうした活動は(変な言い方ですが)ポップで好いなと思います。

見えないものを形にする。材料となる物を敬い、感謝と助力を祈り捧げる…。
思えばすんなり腑に落ちる、分かりやすい事なのに自分はそれを忘れている。
そういう意識を失って創造を働かせ、物を摂取し扱って捨てているんだよなぁ。
そんなんで、たとえば(今を大事に)なんてのもチグハグな気がしてくるし…なんて感傷はさておき。

陶芸、布染め、編み物、木工細工などなど。
豊富な写真と簡潔な文で、ボリュームの割に密度の濃い内容になってます。
イラスト付きのミニ・ワークショップもあって、手軽にアフリカン・クラフトを体験できます。
ファッションの街角スナップや地方によって様々なダンスの紹介もあり、非常に充実した構成です。
可能性を広げる入門書、という感じです。


〈アフリカ〉関連記事:
【最近読んだ本】リンド・ウォード「狂人の太鼓」| 2009.09.03
【最近読んだ本】小川弘「アフリカのかたち」| 2009.12.03
【最近読んだ本】青木弐朗「リビア ローマ遺跡写真集」| 2009.12.03
【最近やったゲーム】PS2ソフト「GTC Africa」| 2010.01.09
【最近読んだ本】佐藤秀明(写真、文)「サファリ」| 2011.08.27
【最近読んだ本】前川健一「アフリカの満月」| 2011.11.07
【最近読んだ本】江口一久「ぼくの村、カメルーン・フルベ族の人びと」| 2012.02.12
【最近読んだ本】松本仁一「アフリカで寝る」| 2012.06.07
【最近みたDVD】「失われた文明(10)アフリカ 奪われた栄光」| 2013.04.07
【最近読んだ本】進藤幸彦「世界の不思議なお守り」| 2016.05.24
【最近読んだ本】藤原章生「絵はがきにされた少年」| 2019.09.11
0
    | books | 2009.12.03 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top