おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたレコード
JACO PASTORIUS「WORD OF MOUTH」

ベース弾きの通る道、ジャコパスのソロ作です。
といってもジャケにはクレジットがなく、ライナー・ノーツもない輸入盤なので詳しい話は分かりません。
語義どおり(レコード盤を保護する紙袋)のインナー・スリーブには、鉛筆をくわえてピアノに向かう凛々しい顔立ちが写るだけで。

高校時代、バイト帰りの途中で中古レコード店に寄るのが楽しみで、当然ながらバイト代が入るや目星の皿を抱えて帰る日々でした。
本作は決して高い売値ではなかったものの、迷った末のバクチ買いでした。
神話のように語られるジャコ・パストリアスの名前は知っていても、来歴やプレイ・スタイルなど一切不明の遠い存在だったのです。

針を落とした途端、くぐもったアナログ・シーケンサーを思わせるスタッカートの連打とフリー・ジャズ的な緊迫したホーンが…。
失敗したと思いましたね、難解すぎて分からんと。
しかし続く「3 Views of A Secret」の軽妙なハーモニカと「Liberty City」で加わったスティール・ドラムの分かりやすさに持ち直して…但し所々で挿入される不協和音に一抹の不安を感じつつB面へ。

払暁の暗がりから飛び発つ「Blackbird」の救済感(後にビートルズのカバーと知ってビックリ)、更に箱根の森美術館でお馴染みタイトル曲から「John And Mary」の穏やかな至福…!
自然回帰の一言では済ませたくない、魂の讃歌です。
晩年の低迷と夭逝が惜しまれる、天才的な名盤です。

追記:wikipedia情報によると、本作の参加アーティストは60余名にも及ぶようで・・・トゥーツ・シールマンスを筆頭にジャック・ディジョネット、ハービー・ハンコック、ヒューバート・ロウズピーター・アースキンウェイン・ショーターの他、マイケル・ブレッカーハワード・ジョンソンなど多数。


関連記事:
【最近聴いたCD】WEATHER REPORT「BLACK MARKET」| 2015.02.22
【最近聴いたCD】V.A.「BATTLEJAZZ」| 2016.09.22


*以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません

『Jaco Pastorius - Three Views Of A Secret.wmv』(やはりハープはトゥーツ・シールマンズでしたか!…'82年のオーレックス・ジャズ・フェスより)


『Jaco Pastorius - Liberty City』(こちらも、やはりトゥーツ・シールマンズでしたか! レアですな…ジャコといえばフレットレス・ベースのハーモニクス奏法ですが、実にリラックスして簡単そうに演ってのけますなぁ・・・どうして彼が非業の死を遂げねばならなかったのだろう?)
0
    | music | 2009.12.08 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top