ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
森川嘉一郎・編「エヴァンゲリオン スタイル」

何を今更、なのである。
僕にとっては(前に見た事のあるアニメ)に過ぎないし、'97年に刊行された本書は近年のリメイク作に関連するものでもない。

だけどたまに、文化的ジャンクフードが恋しくなる。
もう作っていないガンプラの作例が見たくなる、ゲーム熱が冷めても新作をチェックしたくなる感覚…かつて感じた何かを、少しだけ味わってみたいような。
といってブーム後に一度見ただけのエヴァに、何かを感じた訳ではなかったが。

'90年代の文化的特色がリミックス/コピーであり、その傾向は先ずJ−POPから顕著に表れた事は改めて言うまでもないだろう。
'80年代のヒップホップやインダストリアルから生じた“意味を伴わない表層の拝借”であり、旧来の文学的な引用ではない。
エヴァンゲリオンで目につく反復とサンプリングの手法は、押井作品における引用や暗喩とは異なる物だ。
クラブDJのカットインのような、予め意図された訳ではなく現場感覚で挿入された記号たち。

その深読みから発生した産業特需の中で、今度は意味を伴った引用として元ネタが注目される逆転現象が起こったという。
ブーマーにとってはエヴァンゲリオンがオリジナルになり、その文脈に沿って関連書籍が読まれたのだ。
これはフリッパーズ・ギターによって「黄金の七人」が再発見された現象とは、まったく別だろうが…。
いわばデッドエンドの思い出産業、文化的停滞かと。


関連記事:【最近行ったところ】MOT「館長 庵野秀明 特撮博物館」| 2012.08.29
0
    | books | 2009.12.12 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top