ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
PP's「BODY in the MOVIE」

'04年に結成された2人組の映画コラム執筆ユニットによる、'06年の本です。
主格はハルこと『世界で最も美しい本展』金メダリストのブックデザイナー、小林はる代。
片やKTこと高松啓二は、イラストレーター兼映画コラムニスト。
ハルが長年あたためていた企画が本書、映画スターの魅惑的なボディを切り口にしたシネマ・ガイドです。

巻末のピーピーズ対談において決定された「ボディ・イン・ザ・ムービー大賞」の“トム・クルーズ論(白ブリーフ&ソックスの未成熟な記号)”を始めとして、俳優たちを取り上げる身体パーツへの視点が偏執的で(笑)面白いです。
アンジェリーナ・ジョリーの唇、ハル・ベリーの背中…即座にピンとくる特徴からメリル・ストリープの二の腕など意外な特徴まで。
映画タイトルと俳優のインデックスにDVD発売元のリストも完備して、すかさず視聴したくなる読者への気配りもバッチリです。

とかく映画はストーリーや見せ場から、つい(こういう話ね)って思ってしまうせいで、それなら活字やマンガで事足りる気がして、映画に対する興味が薄らいでいたのですが。
やっぱ(どう観るか)といった主体的な関わり方でこそ映画は美味しく味わえるのかもしれませんね、何度も観ている作品もこういう観賞スタイルで改めてチェックしてみたくなりました。


追記:「トム・クルーズ=白ブリーフ&ソックス」に関しては「タラデガ・ナイト オーバルの狼」でも、まさにウィル・フェレルが白パン一丁でトムに助けを乞う場面があってビックリです。笑
0
    | books | 2009.12.21 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top