ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
星新一「凶夢など30」

SFショートショートの開拓者である著者については説明不要だろう。
十代前半の僕にとっては、筒井康隆小松左京と並ぶ「SF御三家」の一人に過ぎなかった。
過激なフリースタイルの筒井、重厚な読み応えの小松といった印象と比べれば、寓意性のあるライト・ノベルという印象だった。
より斬新なものを、よりヘビーなものを求める年頃に、著者の敷居の低さは物足りなく感じられたのだ。

しかし年を重ねて、この作風の揺るぎない構造を感じられるようになってきた気がする。
それはショートショート1001編の偉業達成や、没後の再評価に影響されたのだろうけど。
敢えてエヌ氏とされた登場人物、平易な文章と考え抜かれた精緻な文章…。
ふと(完璧なストラクチャー)という言葉が頭に浮かび、すぐに著者を連想して読みたくなったのだ。

さて本書だが、特徴的な著者の作風とは違っている。
登場人物には名前がなく単に「男」や「青年」や「女性」であり、しかも未来的な要素が消えているのだ。
確かに宇宙人らしき存在は出てくるものの、幽霊や妖怪といった現象の一種という扱いに留まっている。
なので'80年代前半に刊行されている(各話の初出年は不明だが)にも関わらず、晩年の作品集かと思ってしまった。
まるで「Y氏の隣人」という、星新一ワールド的マンガを小説化したみたいな奇妙な感じ。
決して詰まらなくないのだが、らしくはない短編集。


関連記事:
【最近読んだ本】星新一「気まぐれスターダスト」| 2007.09.24
【最近読んだ本】星新一「たくさんのタブー」| 2010.10.04
【最近読んだ本】星新一「宇宙の男たち」| 2011.08.06
【最近読んだ本】星新一「味わい銀河」| 2011.09.29
【最近読んだ本】星新一(著)、和田誠(絵)「奇妙な旅行」| 2012.07.07
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」| 2012.10.17
【最近読んだマンガ】V.A.「コミック星新一 ショートショート招待席」| 2013.07.16
【最近みたDVD】「星新一ショートショート02ダークサイドエディション」| 2015.03.07
0
    | books | 2009.12.24 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top