ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
V.A.「アリゲーター20周年ライブ」

そのレーベル名からディープ・サウスかジャンプ・ブルース方面と勘違いしてましたが、実はシカゴ・ブルースだったんですね。
“本物のロッキン・ミュージック”を合言葉に20年、本作はレーベルを代表する面々による'92年の北米ツアー音源の2枚組アルバムであります。

全5アーティスト(リル・エド&ザ・ブルース・インペリアルズ、ケティー・ウェブスター、エルヴィン・ビショップ、ロニー・ブルックス・ブルース・バンド、ココ・テイラー&ハー・ブルース・マシーン)で、最後に“オール・スター・ジャム”と称して10分を越える「スイート・ホーム・シカゴ」のセッションが収録されています。

自分にとってのブルースは2系統ありまして、例えばロバート・ジョンソンなどは聴いてるうちに調子悪くなるくらい全然あわなくて、スティーヴィー・レイ・ヴォーンみたいなのは1日中聴ける位ハマるんですよ。
で、本作の出演者は全体的に後者のように思えるのですが…何故か物足りず。
というか結構しんどくなって、甚だ恐縮なんですが2回も聴けませんでした。
何が合わなかったんだろうなー、先日のカルロス・ジョンスンと何が違うのやら。

ホントごめんなさい!


〈ブルース〉関連記事:
【最近聴いたCD】村上“ポンタ”秀一&近藤房之助「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」| 2009.02.24
【最近聴いたCD】カルロス・ジョンスン「極限! ブルース・ギター 〜 白熱のシカゴ・ライヴ」| 2009.11.29
【最近聴いたCD】ブッカー・T & ザ・MGズ「メルティング・ポット」| 2010.11.21
【最近聴いたCD】JOHN OATES「Mississippi Mile」| 2011.12.21
【最近聴いたCD】ボー・ディドリー、ジョン・リー・フッカー他「ルンバでブルース! マンボの時代」| 2012.01.05
【最近聴いたCD】デレク・トラックス・バンド「オールレディ・フリー」| 2012.04.04
【最近聴いたCD】TEDESCHI TRUCKS BAND「Revelator」| 2012.05.13
【最近聴いたCD】V.A.「Not The Same Old Blues Crap II」| 2013.08.14
【最近聴いたCD】STEVIE RAY VAUGHAN & DOUBLE TROUBLE「Live Alive」| 2013.10.047
【最近聴いたCD】THE JEFF HEALEY BAND「COVER TO COVER」| 2015.01.07
【最近みたDVD】「The Blues Brothers」| 2017.08.08
【最近みたDVD】「The Stories Behind the Making of The Blues Brothers」
| 2017.08.11
0
    | music | 2009.12.27 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top