おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
立川談四楼「もっと声に出して笑える日本語」

先日の、文庫化で改題した前作が大当たりしたのを受け、約半年後に出版された全編書き下ろしによるパート2です。
いやはや、こないだは「もう題名からして旬を過ぎてる感じ」なんて偉そうに断言しちゃいましたが。
そこがまぁ、きみまろ世代の旬ってコトで…!笑

前作の紹介では「ネタが古い」とも書きましたが、思えば話の順序が逆なのかもしれませんよね。
つまりネタの経路として、最初の出版時に広まる→ネット上でコピペ文となって増殖→ネットで知ってから原典となった著書を読む=(古っ!)…だった可能性はあると思います。
本書のネタも数年で使い古されてしまうかもしれませんが、今回はかなり新鮮味がありました。

親父ギャグが親父ギャグである由縁は、どの親父も同じ事を繰り返す点にあると思うンですよ(しかも得意気なドヤ顔でね)。
親父の小言や自慢話と一緒で、そういうワンパターンは飽きられるンです。
そんな予想の斜め上を行く、ベタなオチでも一味違う親父ギャグにアップツーデートしてみませんか。
…なんてね。


関連記事:【最近読んだ本】立川談四楼「声に出して笑える日本語」| 2009.12.15

その他の関連記事:
【最近読んだ本】マイク・モラスキー「その言葉、異議あり! 笑える日米文化批評集」| 2008.02.23
【最近読んだマンガ】蛇蔵&海野凪子「日本人の知らない日本語」| 2013.04.20
0
    | books | 2009.12.28 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top