おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
土岐麻子「TOUCH」

あのシンバルズで歌っていた彼女の、'09年リリース作品です。

まるでアイドル歌手のような、ふわんとしたジャケ写のせいでしょうか…どこか曲調にもアイドル然としたものを感じてしまいます。
ちょっと記憶が定かではありませんが、親父さんがサックス奏者で本人もジャズ・シンガー指向の高まりからバンド活動に終止符を打ったのではなかったっけ?
個人的にはシンバルズ時代とかジャズトロニックと組んだ作品の印象が強くて、この歌謡曲テイストには違和感を覚えてしまいます。

くるりの人やノーナ・リーヴスの人が楽曲提供してたり、ゲスト・ボーカルにキリンジの人がフィーチャーされてたりと話題性も充分ですが、そういう作り方が僕にアイドルっぽく感じさせるのかもしれません。
アイドルで語弊があるのであれば、初期の今井美樹みたいな作られ方というか(あれはあれで結構好き)。
まぁシンガー・ソングライターではありませんから、我の部分が見えなくとも当然なのでしょうけど…。

とはいえビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」に歌詞を付けたり、楽曲のほとんどを自身で作詞されてるようですし。
何よりジャズ唱法を土台にした、だけど彼女の表現力を感じる発声は健在です。
サウンド的には目新しくはなく、ひょっとしたら新たなスタンダードを生み出そうとしてるのかもなぁ。


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『土岐麻子 日産TEANA CM 「Waltz for Debby」』(CM自体は「和」と「セレブ感」を狙って気恥ずかしさ満点ですが)
0
    | music | 2010.01.02 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top