ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
浅井愼平「原宿セントラルアパート物語」

何故だろう、堪らない気持ちになってしまうんだ。
僕は70年代の原宿を知らない、当時まだ子供だった僕に時代の空気なんて感じられる筈もないのに、作者たちと共有できる要素は何もないくせに、そこにいなかった自分を無性に捜したくなるのだ。

安西水丸の「70%の青空」を読んだ時のように、それよりも更に身近な感覚に囚われて切なくなるのだ。
だから本当は今年読んだ最高の小説に挙げたいのだが、その根拠は誰にも理解される事がないものだとも分かっているから一人だけで感動を味わう。

写真家・浅井慎平としての、ジャンセンの広告は背伸び盛りの心の深くにまで焼き付いている。
制服のポケットには西海岸ガイドブック、貴方の撮った景色を切り抜いてカセットケースのラベルを作っていたんだ。
そして忘れた頃に、大好きになった場所であのミュージアムを見つけた。
そのすべての椅子の、それぞれの座り心地が改めてよみがえってくる。

そして驚いた事に、貴方もあの場所にいたのか。
赤塚不二夫山下洋輔タモリを迎えた、ジャックの豆の木に…!?
そのエピソードは、単に山下の著作を介して知っていたに過ぎないけれど。
僕にとっては、その時期とジャンセンの広告に惹き付けられた時期とは重なっていて、まさか四半世紀を過ぎてから2つが交わるとは思いもよらない事だった。
いや、思えば「キッドナップ・ブルース」の時点で繋がっていたのだな…。

更に付け加えると、その時期に僕は原宿デビューを果たし、現代美術に詳しい先生と同潤会アパートあたりのギャラリーを回ったりもしていた。
その時に聞かされた若き日の話は思い出せないのだが、以前に読んだ池田満寿夫の本平野甲賀の本に書かれていた交遊関係の話に近い雰囲気があり、それらでの横尾忠則や高平哲朗らとのエピソードにも既視感を覚えるものがある。
鋤田正義や操上和美といった、いわば同業者とのやりとりは面白い。

まったくとりとめもない、いくらでも語りたくなるし語ったところで意味もない、他愛のない感傷なのだ。
表紙に描かれた、和田誠によるイラストがいい。
雪の止んだ朝から、雪の止んだ夜までの1年。
もはや赤塚も植草甚一も山岸章二も寺山修司も伊丹十三もユージン・スミスも渥美清も石原裕次郎も、すでに世を去った。
本書が単行本として出版された'97年の前年、セントラルアパートも消えた。

田村くんは、去った後どうしただろう?
ゆうちゃんとは写真を撮ったのだろうか。
水瓜売りの少年は。
「昔、月に向かって飛んだことがありますよ、海軍の飛行機でね、死ぬために」と言った、管理人の氷室さんは。
キリマンジャロの兄ちゃんは。
みな、どうしてますか?
途方もなく帰りたくなる、帰れない時代。


関連記事:【最近読んだ本】君塚太(編著)「原宿セントラルアパートを歩く」| 2013.05.18
0
    | books | 2010.01.06 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top