ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近やったゲーム >>
最近読んだ本
川端裕人「みんな一緒にバギーに乗って」

今の所、どれを読んでもハズレがない作家である。
宇宙工学、捕鯨問題、デリバティブ経済…そして保育と、この自在なアンテナが好みだ。

報道職の経歴からだろうか、一人称のフィクションながらジャーナリスティックな印象を受ける。
といっても堅苦しい問題提起ではなく、素材を噛み込んで読みやすい物語に仕立てるのが上手いと思う。

本書は新人の保育士を主軸に、同期や先輩の視点を交えて、多忙な保育の現場と過渡的な行政事情を織り込んでゆく。
なかなか子どもや父母らの信頼を得られない田村、彼には優等生に見える秋月やベテランの大沢も仕事を離れたところで保育士である事の一面を見せる。
そして後半、冒頭で描かれた「伝説の不審者」の魔法とその限界が描かれる。

子育てに正解はないにしても、経済至上主義の受け皿としての保育園は文科省管轄の幼稚園と違う位置付けにあるのだと実感した。
行政サービスとして過剰に求める親もいる、民営化の流れと中心にある筈の子ども達が何処に流されるのかは大人の社会全体に懸かっているに違いない。
本書にも大団円や都合よいカタルシスは用意されていない、だが希望はある。


関連記事:【最近読んだ本】川端裕人「クジラを捕って、考えた」 | 2007.07.18
0
    | books | 2010.01.09 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top