おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだ本 | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
荒川弘「鋼の錬金術師」1819

とりあえず18巻は再読なので省略。
19巻では中央に呼び出された、北方指令部のアームストロング少将の上層部入りからスタートです。
前巻ラストの布石どおり、ダブリスの町にエルリック兄弟の師匠イズミの召集がかかりますが夫妻は旅行中。
車中で兄弟の父ホーエンハイムに出会い、彼自身が賢者の石だと告げられ…。
懐かしいリオールの町に現れたホーエンハイム、スロウスの掘った地下坑道でプライドの影に宣戦布告!?

かつて兄弟が見た荒野の遺跡クセルクセス滅亡の真相と、一介の名もない奴隷だった青年が雇い主の錬金術師に使われた血から生まれた最初のホムンクルスのエピソードで、何故“お父様”がホーエンハイムと同じ顔を持つのか判明します。

クセルクセスの民を犠牲にした人体錬成、それを繰り返すために建国された軍政アメストリス、その国土に“血の紋”を刻む時は近付いています。
スカーの兄者が遺した研究書の解明に励むシン国の皇女メイとマルコーら、雪中行軍で一行に追い付いた弟アルの魂を引き寄せる「真実の門」の向こうの体…。
一方、キンブリー戦で大怪我を追った兄エドとキメラ兵の助け合い、キンブリーの行く先は内通していた北のドラクマ国軍。

いよいよ佳境か?


次巻

前巻
0
    | comic | 2010.01.22 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top