ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
ニコライ(著)、中村健之介(訳)「ニコライの見た幕末日本」

ニコライ堂のニコライさんは、幕末の激動期に来日したロシア正教の宣教師だったのだそうです。

1861年に24歳だった彼は、ペテルブルグから馬車と船を乗り継いで函館のロシア領事館へ着きました。
以来、1912年(明治45年)に東京で73歳の生涯を終えるまでの半世紀を日本で送ったのでした。

彼が一時帰国した1869年、つまり明治政府が成立したばかりの時期に発表された論文が本書です。
ドストエフスキー研究の専門家が、最初に私家版として翻訳したものを一般向けに文庫化しました。

300年続いた江戸幕府が倒れて、その半分の長さしか過ぎていない…それがなんだか不思議な感じです。
この150年で、日本人の意識は飛躍的に変化したのだとも感じてしまいます。
そしてニコライさんも、今の感覚だったらまた違った文章になっていたでしょうなぁ。
まぁ日本人のいない所で、日本人に読まれる事など思いもしないで書いた言葉という気がします。
決して下に見ているつもりはなかったでしょうし、非常にユニークな日本人論でもあります。
会津藩や五稜郭の制圧、戊辰戦争の予感など、社会システムの大転換期が現在進行形で語られる妙味。

歴史を感じるニコライ堂のイコン、素的な装幀です。


関連記事:
【最近読んだ本】石黒敬章「石黒コレクション 幕末・明治のおもしろ写真」| 2008.03.07
【最近読んだ本】ハロルド・ダーリング「旅のラベルコレクション」| 2009.02.17
【最近読んだ本】日本郵船株式会社 広報グループ・編「航跡」| 2009.08.13
【最近読んだ本】ナショナルジオグラフィック・編「世界が見た ひたむきな日本人」| 2009.11.12
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近行ったところ】「中国写真紀行 −日本人が撮った100年前の風景−」| 2018.10.29
0
    | books | 2010.01.24 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top