おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
村上“ポンタ”秀一「自暴自伝」

'03年の「成り上がり」と言いたい、インタビューによる聞き取り自伝。
真保みゆきというインタビュアー・構成者の、読書テンポを乱さない丁寧な仕事ぶりが光る一冊。

70年代から90年代を3章に区切り、著者が業界の風雲児から元祖ちょいワル親父としてお茶の間に知られるまでをシームレスに見渡せる編年体。
実際には時間的な前後と事象の関連性とが脈絡なく語られたであろう箇所もスムーズにまとめられ、更に2〜3ページ毎の細かな小見出し毎に脚注の解説を入れてあるので固有名詞や専門用語の情報も次のページをめくれば分かる。

もちろん著者自身の語り口の妙、次々と飛び出す仰天エピソードや意外すぎる裏話といった素材の鮮度については言うまでもない。
山下達郎や後のYMOメンバーたち、それに永ちゃん評や海外アーティストとの交流などなど…。
現在からディスコグラフィだけで追いかけるには複雑な、70年代の国内フォーク/ニューミュージック&海外クロスオーバー/フュージョン・シーンのリアリティーは著者ならでは。

言いたい放題の発言に対し、脚注のヤマタツや教授から見たコメントが効いていて(もしも自分が当事者間で目撃していたら)という気分も味わえる。
著者のオレオレ感が鼻につく方々(僕だけか)にも一読をお奨めしたい、和洋音楽好きと文筆表現に興味のあるなら特に。


関連記事:
【最近の驚き、発見】小林武史がキーボード奏者だった事| 2009.12.10
【最近聴いたCD】村上“ポンタ”秀一&近藤房之助「ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン」| 2009.02.24
0
    | books | 2010.01.27 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top