ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
TAGRO「マフィアとルアー」

本書は'06年の講談社BOX版だが、以前に別の出版社から出したもののオーサーズ・カットだそうだ。
そんな次第で個別の初出掲載年が分からず、作品毎に絵柄がキリコや魚南やねこぢるや浦沢を連想させる事については手掛かりなし。
あとがきで本人が「売れない漫画家」と自称しているが僕も初めて知る作家である、だからといって詰まらないマンガではない。

「もっとたくさんの人に読んで戴きたい。それだけのシロモノであるという自負、それが作者にも編集者にもあったから今回の刊行が実現しているわけだ」という言葉に僕は安堵した。
ファンでもない偶然の読者に伝えられる力量を自覚している、己の表現力を信じている部分に共振した。

表題作を始めとした8の短編、そのすべてに(当時の言葉でいうなら)だめんず要素が濃厚に漂っている。
単なる不器用ではなく行き止まりに近い、マージナルな男女関係が多く描かれているせいかもしれないが。
くるりの「男の子と女の子」が、あるいはもっと前の時代ならオフコースの「I LOVE YOU」が胸の中に流れ続ける寂漠とした痛覚。
たとえば「R.P.E」のラスト、閉じかけたエレベーターを開くだけの場面で古傷が疼くような切なさが。
表題作の最後ら辺に「ラーゼフォン」の“Blue friend”を重ねて見たり、「LIVEWELL」の終幕に目を伏せるサヨナラに苦い記憶を撫でられたり。

異論はあろうが大袈裟に言うならば、本書は平成の「絶対安全剃刀(by高野文子)」だ。
0
    | comic | 2010.01.28 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top