ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近読んだマンガ >>
最近読んだ本
シュペルヴィエル(著)、永田千奈(訳)「海に住む少女」

'06年刊の光文社古典新訳文庫で、作品の発表時期は今から約80年前だとか。
訳者いわく“フランス版 宮沢賢治”の短編集ですが、宮沢作品に無縁だった僕も訳者あとがきの「詩人で」「童話や小説も書き」「だが、その童話も必ずしも子供むけとはいえず」「文豪と並び称される大作家ではないが」「みなに愛される作品を残している」という評価には同意見です。
読んでいる間は思いもしませんでしたが、言われてみれば童話なのですね。

静けさと透明感と、染み入るような読後感…冬の童話、といった感じがします。
そうですね、どれも面白可笑しくはないですし明るい話でもなかったなぁ。
うっすらとした哀しみが漂っていたかもしれません、でもそうとは気付かずに心を落ち着かせてくれます。

きっと少女や動物たち、持たざる者たちの立ち居振舞いから香り立つ優しさや素朴さが、忘れていた何かをよみがえらせてくれるんだろうと思います。
功利や合理の論理で生きる世界では、もはや補うことでしか取り戻せなくなってしまった心を見出だしていたのかもしれません。

例えば聖書では簡素な言葉で触れている事柄が、ふくよかな物語として温度や匂いを伴って描かれたり。
孤独や死をモチーフとしながらも対等で、思想を排した幻想的な物語である事。
訳の巧みさが、会話文に感じられました。


関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】G.ガルシア=マルケス「エレンディラ」| 2010.02.08
0
    | books | 2010.01.30 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top