ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
サン=テグジュペリ(著)、堀口大學(訳)「人間の土地」

スモーキー&ミホのアルバム・タイトルとなった書。
表紙の挿し絵が宮崎駿みたいだと思ったら本人で、巻末に文章も載せている(平成十年の改版からか)。

しかしながら原著が'39年の発行で訳出が'55年、黎明期の飛行機乗りという稀有な体験も修辞多用の冗長さは読み辛くて仕方ない。
著者が半世紀後の異国で読まれると思わなくても、トラブルの只中で感情に任せたような支離滅裂さには何度も投げ出したくなった。
実は十代の頃に「星の王子さま」を手にした時も、最初の数ページから先に進めなかったんだよな…。

この気分屋の鼻息荒い箇所を早送りすれば全体として面白く、飛行中の描写はリチャード・バック以上に想像力が掻き立てられる。
そして砂漠の言葉を理解する挿話はパウロ・コエーリョ「アルケミスト」と、時代遅れの言葉によって価値観が囚われているという推察は高橋源一郎「虹の彼方に」3部作と関連し補完するようで非常に興味深い。
“いまぼくを原始的な悦びで満たしてくれているのは、天地間の秘密の言葉を、言葉半ばで自分が理解した点だ”(p.104)
“今日の世界を把握するに、ぼくらは昨日の世界のために作られた言葉を用いているわけだ。”(p.61)。

そしてまた“ぼくは死を軽んずることをたいしたことだとは思わない”という件(くだり)、僕はソロー「森の生活」や小泉八雲「焼津にて」とも響きあう印象を受ける。
0
    | books | 2010.02.02 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top