ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近買ったもの >>
最近聴いたCD
夕焼け楽団「ラッキー・オールド・サン」

ビーチ・ボーイズブライアン・ウィルソンが出した最新作と同じタイトルだが、こちらは'77年にリリースされている。
しかし31年前の音とは思えない、音質はリマスタリング技術の賜物かもしれないが演奏力やアレンジが時代に負けていては単なる懐古趣味で終わっただろう。

確かに曲調は古いが、既に当時でもルーツ・ミュージックのスタンダードだったナンバーに日本語歌詞を付けているのだからそれは問題にならないのだ。
21世紀に古きよきスタイルを再現したブライアン作品にも意義はあるとしても、そして比較しても意味がないと思いつつ、本作をブライアンに聴かせて改心させてやりたくなった。

'80年代にサンディーを加えたサンセッツへとバンド名を改め、独自のサウンドを発展させながら海外との交流を深める久保田麻琴
彼が元“裸のラリーズ”とは本作の解説で初めて知ったし、YMO前夜の細野晴臣に通じるガンボ/チャンプルー趣味もそうだ。
思えば彼らの「ハイサイおじさん」を聴いたのも'90年代直前の「バッテリー」と同時期であった。
あの頃は(ある種のキワモノ的ロック)としか感じなかった、だから余計に本作が驚きなのかもしれない。

ゲストには細野や、先日の「自暴自伝」でも取り上げられていた佐藤博斎藤ノブの他に妹尾隆一郎(国内ハープの第一人者)など。
久保田自身のオリジナルである、ラストナンバー「まぼろし」はショーグンのデビュー・アルバムを連想させる70年代ロックだが、これもまた好い。
0
    | music | 2010.02.07 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top