おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近やったゲーム
PS2ソフト「GTC Africa」

こないだやった中古のラリー・レースです。
このゲームの特徴を、本作同様(ラリーではなくオフロード・レース)と揶揄される「RALLY SHOX」と比較して説明すると。

・最初から選べる車は2種類(ただしチームの差は一切なし)、完走すれば次のコースに強制進行。
・各車の走破性は固定で、最大9台まで優勝条件で増やせるが賞金でのチューニングや賭けレースは皆無。
・走行評価はチームコンディションとして次コースの制限時間に反映され、区間ボーナスも“ショック・ゾーン”的なイベントも発生しない。
・車体グラフィックにはダメージはおろか埃すら付かず、リプレイ映像も途中までしか再生されない。
・敵車を障害物に押し込んでも即座にリカバリー、AIにしては豪快な走行ライン(難易度設定なし)。
・あと、ゴールしても「オーイエー!」とかは言ってくれず淡々としてる。笑

一勝ずつ積み上げていく「RALLY SHOX」よりもストイックというか、ひたすら根気が問われる(バカゲー要素も皆無だし)。
チーム評価という特徴も、単にタイムとダメージのプラスマイナスでしかない。
如何に本作のレビューや攻略がネット上で少ないか、それはレトロ・ゲームみたいな突き放し感も理由の一つではないだろうか?

シミュ系ではないがバカゲー好きにもハードルが高い、しかしラリーのリアルさよりも同時出走のバトル感覚と3D酔いする激しいコース・レイアウトに関しては個人的に高評価。


関連記事:
【最近聴いたCD】「決定盤!!アフリカンドラム・ベスト」| 2013.03.29
【最近みたDVD】「失われた文明(10)アフリカ 奪われた栄光」| 2013.04.07

「GTCアフリカ」関連記事:
【最近買ったもの】2010.01.03
【最近やったゲーム】2010.01.09
【最近やったゲーム】2011.11.19
【最近やったゲーム】2013.05.17追記・各車の性能や大会毎の違いなど


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『PSM2 Demo Disc 11 - Global Touring Challenge: Africa Trailer』


『GTC (Global Touring Challenge): Africa (PS2) Gameplay』


『Shox Gameplay PS2』(こちらは「RALLY SHOX」です)
0
    | game | 2010.02.09 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top