ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
漆原友紀「蟲師」5〜10巻

いつの間にか完結してたんですねぇ、連載中では続きを焦らされるようで厭なのですが終わってしまっているのも物寂しいものです。
まぁギンコに何かあって決着するとかではないので、またいつか会えるのかもしれませんが…。

昔「玉繭(たままゆ)物語」という、若干ナウシカっぽいゲームがありました。
本シリーズを読んでいると、あの世界観を思い出したりします。
似てるのかといえば、ずいぶんと違うんですが。

蟲師の世界は、およそ明治初期の関東甲信越あたりでしょうか、農家や漁師や杣人の集落と深い森ばかり。
蟲師の中でもギンコは特殊なようで、一般的には家督であって巡業の薬師であったり定住する研究者であったりする職業みたいです。

山の理(ことわり)、普通の人には見る事ができない蟲にも天地の間の役割があったりなかったり。
ひょっとしたら大昔は誰もが見えたり、領分をわきまえていたりしたのかもしれません。
それでも里と山との境界域での不可抗力的な、あるいは一方的な接触による影響が人の営みにも森のバランスにも及んでいたのでしょう。

様々な蟲が人の預かり知らぬ所で理に沿って繰り返すサイクル、旅先で関わる土地の人々もまたギンコから見れば大局的には違うものではないのでしょう。
深淵の闇から迸る光の河を、これからも人が忘れませんように。


関連記事:【最近みたDVD】「蟲師(むしし) 特別篇 日蝕む翳(ひはむかげ)」| 2016.04.23
0
    | comic | 2010.02.10 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top