ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
石川直樹「POLAR」

アラスカ、カナダ、グリーンランド、シベリア、スカンジナビア…北極圏の人々と景色を収めた写真集。

著者名に、何か引っ掛かりを覚えて…あれは確か、地球温暖化的な研究をする世界各国の大学生を募って、集団で極地アウトドアを実践する旅の企画だったか…それが「POLE TO POLE」という地球縦断プロジェクトだったかは忘れたが、時期としても著者の年齢とも辻褄があう。
だとしたら、著者は日本グループのリーダー然として自信満々に振る舞っていた、あの彼なのだろう。
経験豊富で行動力も判断力も高く、弁舌さわやかでメディア映りも分かってる申し分ない統率者、素人に混じった優等生冒険家ではなかったかという気がする。

決して悪意は持っていないのだが生理的に好きにはなれない奴、それだけだ。
本書の文章にも写真にも不満はないし、特に職業写真家とは違うストレートさには強く惹かれる。
色味とか構図、そんな理屈じゃない心理の反映か、観る者をその場に立たせてくれるマジックがあるのだ。

しかし、いつかそれは失われてしまうのではないか。
機材を熟知し上達する、旅を重ねて新鮮味が薄れてしまう事がマジックを打ち消してゆくだろう。
あと10年、20年と冒険家のキャリアを積んだ著者の写真は持ち堪えるか?
そうである事を素直に期待しているし、本書が初々しい視点という一言で評される時が来ても、ここに写し込まれた現場感は色褪せないだろう。
0
    | books | 2010.02.12 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top