おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたレコード
スタンリー・ジョーダン「マジック・タッチ」

先日、楽器屋でアルミネックのクレマーを目にして久々に聴き返してみた次第。

“新生ブルーノート第1回発売!!”の文字が躍る、ピアノのようにギターを操る“Two-Handed Tapping”奏者のデビュー盤(←3作目だそうです、失礼!)。
ジャケの隅に「DIGITAL RECORDING」と印刷されてるのが、80年代末らしい。

オマー・ハキムやアル・ディメオラといったゲストを迎えてる割に大して話題にならなかったのは、やはり色物視されたからだろう。
大体、1曲目から「エリナー・リグビー」である。
原曲を知らなかった僕に(ビートルズもやるじゃん)と思わせた好カバーだ。
ちなみにB面もMJの「レディ・イン・マイ・ライフ」ジミヘンの「エンジェル」と、全体の1/3でポップスを取り上げている。
小川隆夫氏による解説でも「リップ・リグ・アンド・パニック」を例に出して来るべきミクスチャーな音楽形態が語られてはいるが、彼は時期尚早だったのだ。

正直、ミスタッチが多い。
(こんなに間違えてて、ブルーノートでも全然OKなんだ!)という衝撃が、初めて聴いた十代後半の僕に与えた最大のインパクトだったのだが…彼の場合は未だにミスタッチが当たり前のようで、それもまた軽く驚きだったりする。笑
まぁ今では聴き慣れてしまったせいか、ライブ感覚で違和感なく聴けてしまう。

他は彼自身のオリジナルが3曲、スタンダードを3曲収録。


関連記事:
【最近聴いたCD】FRIED PRIDE「STREET WALKING WOMAN」| 2014.03.30
【最近聴いたCD】TUCK & PATTI「The Best Of」| 2014.09.03
【最近聴いたCD】RODRIGO Y GABRIELA「同」| 2015.04.29
【最近聴いたCD】STANLEY JORDAN「MAGIC TOUCH」(再聴)| 2015.07.11
0
    | music | 2010.03.08 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top